アーユルヴェーダって?

KIJ_bukiminaki500

アーユルヴェーダは5千年以上前、神から啓示され偉大な聖者あるいは賢者達が“生命の真理”を一つの体系にまとめたものとされています。

世界最古の伝統医学ですが、“アーユルヴェーダ”とは現在では死語となっているサンスクリット語で“生命の科学”と訳され、健康を増進し、病気を予防し、長寿を達成させるというものです。

そして個人の完璧な健康を身体と心と魂の健康という広い視野でとらえています。
また人間は大宇宙に対応する小宇宙であり、人間と外的環境(大宇宙)にはいかに相互作用があるかということを教えています。

宇宙と私達人類である小宇宙には共通の要素があるとみなされます。この基本的な構成要素は“五大元素(パンチャ・マハブータ)”といわれ、これら五つの元素は空・風・火・水・土であり、宇宙にも人間にも存在すると考えます。

これら五つの元素はそれぞれ二つずつのペアでヴァータ(風と空)、ピッタ(火と水)、カパ(水と土)という三つの生命エネルギー(トリドーシャ)を形成します。

アーユルヴェーダでは、健康はこの三つの精妙なエネルギー、ヴァータ・ピッタ・カパのバランスにより維持されると考えられています。
カパは体力と免疫に関わり、人体の全ての組織基盤を与えます。ピッタは消化と代謝に関わり、ヴァータは人体の目に見える動きと目に見えない動き、全てに関わります。

このようにアーユルヴェーダでは生命の叡智・法則を心と身体を支える三つの生命エネルギー(ヴァータ・ピッタ・カパ)で表現しています。
このトリドーシャのヴァータ・ピッタ・カパがどのように存在するかによって人はそれぞれ体質が異なるのです。
そしてトリドーシャのバランスが崩れると不調がおこると考えます。

すなわち三つのエネルギーが一緒に組合わさって、私達の心と身体、魂の働きをも調整していると考えます。

ヴァータ・ピッタ・カパ

 

ドーシャの組み合わせとバランスは一人一人違っています。このドーシャの判別に基づいてサロンでは使用するオイル、香り、音楽、押圧、リズムを決めていきます。

関連記事

【Pick Up】
心理カウンセリング(兵庫県川西市)くれたけ能勢心理相談室
心理カウンセリング(横浜・長野)鈴木メンタルオフィス
たったの30秒でついつい思い出しちゃうあの感情を激減させ あなたの大黒柱を建てる心の建築家 高橋 美幸
美容鍼灸サロンShinkiへようこそ
東京 町田 恵比寿 ロルフィング リリーフスペース公式ページ

ページ上部へ戻る