水道水に含まれる塩素は危険!?

日本の水道水には、殺菌などの目的で塩素が投入されています。各家庭へ「安全な」水を届けるため、塩素は必要不可欠なものです。ところが、各家庭へ取り込まれた水道水に含まれる塩素には、次のようなデメリットがあることをご存知ですか?

・野菜や果物に含まれるビタミンなどの栄養素に触れると組織を破壊します。
・野菜や、食器洗いの際の手荒れの一要因と考えられます。
・カルキ臭や不味い水の原因も塩素によるものです。
・肌のピリピリ感や髪へのダメージの一要因と考えられます。
・シャワーやお風呂で湯気と共に蒸発した塩素が体内に入り込むことで、内蔵への影響が懸念されます。
・温水洗浄便座のおしり洗浄機能やビデを長期間使用することで、肛門や直腸、デリケートゾーンに悪影響を与えることが懸念されます。
・肌荒れやアレルギー、毛並み・毛艶の悪化など、大切なペットの健康を阻害することが懸念されます。
・熱帯魚や金魚の水槽に水道水をそのまま使用すると魚やバクテリアが死んでしまいます。

各家庭に安全な水を届けるために必要不可欠な塩素も、直接肌に振れること、体内に取り組むことは決して「安全」とは言えません。

このような様々な問題を解決できるアイテムとして、最近脚光を浴びているのが家中すべての水道水を浄水するセントラル浄水器の存在です。 このサイトでは、私達が塩素の害から身を守り、美容と健康を維持するための水の情報をまとめてみました。